banner

裏表紙の取り扱い

パンフレット制作の中での裏表紙の取り扱い

エンボス加工と言う印刷手法をご存知でしょうか。
凹凸を持つ印刷物を製作することが出来るのがエンボス加工であり、表紙にインパクトを与えたい時や、デザインを作り出す時など、文字や絵柄が浮き上がって見える事、凹凸を手で触れることで立体感を感じられるなどの理由からもパンフレット制作を行う中で利用されるケースが在ります。

パンフレットは営業マンがお客さんに説明を行う時などに利用する印刷物であり、会社案内や商品案内と言ったパンフレットが在ります。
会社案内は会社の事を知って貰う目的でパンフレット制作を行う印刷物であり、商品案内は商品を求める顧客に対し、商品の魅力を伝える目的でパンフレット制作を行う印刷物と言った具合に、利用する目的が異なります。

表紙はパンフレット利用する人が最初に目にする部分で在る事からもパンフレット制作では人目を惹くデザイン制作を考えるケースが多く在りますが、表紙に対して裏表紙と言う部分もパンフレット制作では工夫を行う事で魅力あるパンフレットにすることも可能になります。
裏表紙と言うのは表紙に対しての裏側のページで、表紙の裏面ではありません。

冊子印刷物と言うのは、表紙が在りその裏面が表2のページ、内側には数ページが在り、表紙の裏側のページが表4と呼ばれる裏表紙、その表面は表3と言うページが来ることになります。

裏表紙は何も印刷が行われないケースも在りますが、このページに直ぐに見ることが出来る連絡先などの情報を掲載しておくことでパンフレットを利用する人にとって便利に使える印刷物、親切な印刷物としてPRすることも可能です。

表1や表2と言った表現は印刷業界の中で利用される言い回しになるのですが、パンフレット制作を行う中で、制作会社との打ち合わせを行うと表紙や表2と言った表現を使う事が多く在るため、知識として持っておくのがお勧めです。

また、パンフレットを見た時に最初に目にするのが表紙と言う事になりますが、そのままの状態で裏返すと見えるのが裏表紙と言う事になります。
このページに何らかの情報を記載しておくことで、パンフレットを見る人に対してのアピールを行う事も可能です。

例えば、施設紹介などのパンフレットの場合は、施設へのアクセスや利用時間と言った情報を記載しておく必要が在ります。
定休日がいつなのか、どのようなルートで施設に行くことが出来るのかと言ったことをページの中に記載するのではなく裏表紙に記載をしておけば直ぐに情報を見ることが出来ると言ったメリットにも繋がります。

Copyright(c) 2016 パンフレット制作の中での裏表紙の取り扱い All Rights Reserved.